2016年6月2日木曜日

MT4インジケーター: 様々なテクニカルをマトリックス表示、Multi Matrix

上位や下位の時間軸を参考にして、タイミングを測るのはトレードの基本。

Multi Matrixは複数の時間軸の方向性をまとめて表示して、そろったタイミングを教えてくれる便利なインジケーターです。

様々なテクニカル指標をマトリックス表示


Multi Matrixは、テクニカル指標が示す方向を複数の時間軸で並べて表示します。表示する時間軸は自由に設定することができます。

選択できるテクニカル指標は40種類以上!設定画面で自在にパラメーターを調整できます。(4-Color Candlestickで体験できます。)

さらに、方向が揃ったときに通知するアラート&メール機能付き!

複数の時間軸で方向が揃ったらチャンス!


複数の時間軸で方向が揃ったら、強いトレンドが発生しているサイン。トレンドに乗っかって順張りを仕掛けるチャンスです。

上図はスーパートレンドというテクニカル指標を設定し、3つの時間軸の方向が揃ったポイントに線と矢印を描いたものです。なかなか良いタイミングですね。

せっかくのタイミングを逃さないために、色が揃ったことをアラートやメールで通知する機能が付いています。揃った瞬間に通知することも、足が確定した時点で通知することもできます。

レスポンスが遅いテクニカル指標ならば、複数時間軸で揃ったタイミングがむしろ逆張りのチャンスということも。自由度が高いソフトなので、いろいろな設定を試して最良のトレードサインを探してみてください。

<設定例>
  • 平均足の色が揃ったタイミングを通知
  • パラボリックSARの方向が揃ったタイミングを通知
  • GMMAのパーフェクトオーダーが揃ったタイミングを通知

使い方

キーボードの「M」のキーを押すと設定画面が現れます。
  1. テクニカルをプルダウンメニューから選択
  2. 名前(Name)を入力し、必要に応じてパラメーターを変更
  3. 保存(Save)を押し、時間足を切り替えると設定反映
テクニカルのパラメーター設定ファイルは、「ファイル->データフォルダを開く->MQL->Files」の中に作成されます。

テクニカル指標のパラメーター設定については「テクニカル指標リファレンス」ページをご覧ください。

マルチタイムフレーム動作について

上位時間軸の足が未確定の場合は、時間軸切り替えや再起動などのリロード時に表示が変わることがあります。例えば1分足チャート上にM1とM5を表示した時、00~03分まで上昇トレンドだったのが04分に急落したとすると、5分足のテクニカル値が下落に転じます。リロードを行うと、M5の表示が00~03分の分まで遡って下落表示となります。対応する上位時間軸の足が確定済みの場合は、リロードによって表示が変わることはありません。

下位時間足については、当該期間における最後の足のサインが表示されます。例えば5分足チャート上にM1の表示をすると04分、09分、14分・・・の1分足のサインが表示されます。右端には現在時刻の1分足のサインが表示されます。

パラメーター

TimeframeListには、表示する時間軸をカンマ区切りで指定します。(最大9個)

UIのモードにはSimple, Normal, Advancedの3種類があり、後のものほど設定できるパラメータの種類が増えます。言語は英語と日本語から選択できます。

TechConfFileには設定ファイル名を指定します。チャート上に複数のマトリックスを表示する場合は、それぞれ異なる設定ファイルを指定してください。

Enable~をtrueにすると通知機能を有効にできます。

SignalTimingには「Up(TOUCH), Down(CLOSE)」のように、通知するシグナルの種類(UP, Down, Neutral)とタイミング(TOUCH:揃った瞬間, CLOSE:足が確定した時点)を指定します。

ある足で通知したら次の足まで通知しないようになっており、何回も連続して通知が発生しまうことはありません。

パラメーター名デフォルト値説明
TimeframeListH1, H4, D1時間軸のリスト
ModeNormalUIのモード
LanguageEnglishUIの言語
TechConfFile...設定ファイル名
DialogKeyM設定画面の表示/非表示のキー
ReduceCalculationfalse計算量を減らすかどうか
EnableAlertfalseアラートを有効にするかどうか
EnableMailfalseメール通知を有効にするかどうか
EnableNotificationfalseプッシュ通知を有効にするかどうか
SignalTimingUp, Downシグナルの種類とタイミング
MatrixWidth0マトリックスの幅
UpColorWhite上昇の色
DownColorRed下落の色
NeutralColorGray中立の色
LabelColorGoldラベルの色
ダウンロード
様々なテクニカルをマトリックス表示、Multi Matrix
最新バージョン: Ver 1.08 (2016.10.29)

fx-onからダウンロード

21 件のコメント:

  1. 初めまして。
    khと申します。
    このソフトを購入致しました。
    バイナリーに使っていますが。
    各時間の点灯が遅れます。
    速度の変更は出来ないのでしょうか?
    宜しくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. ご購入いただきありがとうございます。
      各時間の点灯が遅れる、というのはどのような現象なのでしょうか?

      削除
    2. 良く使い方が分からず、時間をテクニカルをスーパートレンドに設定し、時間をm15、m5、m1にしました。
      1分足ですがトレンドが出ているときに、m1はアップのサインが出ますが、m5、m15はトレンド終わってからでます。

      恐らく設定だと思いますが。
      バイナリーに合うテクニカルは何が良いでしょうか?
      宜しくお願い致します。

      削除
    3. M5やM15のタイミングが遅いのは、上位時間軸の足ではまだトレンドが発生していないからです。期間(Period)を短くすればシグナルの発生タイミングを早くすることができます。一方でダマシも増えるので、トレードオフです。

      殆どのテクニカルに共通することですが、期間を長くしたり上位の時間軸を用いたりすると、シグナルの発生が遅くなるかわりに、ダマシが減り大きなトレンドを掴むことができるようになります。小さい波を積極的にとっていくか、大きな波にどっしり乗っていくか、トレードスタイルに合わせて選択するといいと思います。

      このテクニカルを使えば勝てる、というようなアドバイスは行っていないのですが、バイナリーでしたらFXのように利食いタイミングを考える必要がなく、エントリータイミングだけが勝負ポイントなので、本インジケーターのようなサイン系ツールとは相性がいいはずです。サインがそろったタイミングで順張りというのもいいですし、サインが揃ったころには反転することが多いという傾向を見つけたならば逆張りで攻めるのも手です。

      たくさんのテクニカルが使えて非常に自由度が高いツールですので、ぜひいろいろ研究してみてください。

      削除
  2. こんにちは。本日購入させていただきましたが、画像と同じに設定したいのですが、設定方法がわかりません。サンプルは、Multi Matrix.cnf と名前を変えて入れないと動きませんでした。また、画像は、ドットのようになっていますが、当方のは 線 です。

    返信削除
    返信
    1. ご購入いただきありがとうございます。
      画像ではスーパートレンド(SuperTrend)というテクニカルを設定しています。Mキーを押して設定画面を出し、これを選択&保存してください。時間軸を切り替えると適用されます。
      マトリックスが線で表示されているように見えるのは、チャートの拡大率が小さいからです。虫眼鏡ボタンで拡大すると四角が並んだ表示になります。

      削除
  3. 3つ質問があります。

    「Multi Matrix」には「Heikin BG」のようにHideKeyはないのでしょうか?
    サブウィンドだけを消してシグナルだけ表示させる
    3つの時間軸ではなく2つの時間軸の方向が揃ったときに矢印を表示させる。

    お忙しいところ申し訳ございませんが時間がある時にでもお答えください。
    宜しくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. ご質問ありがとうございます。

      1.Multi Matrixのようなサブウィンドウに表示させるタイプのインジケーターは、MT4の仕様でサブウィンドウを消すとインジケーターがチャートから外れてしまうので、表示On/Offの機能はありません。

      2.説明の画像で表示してある線と矢印はチャート画像上に描いたものです。本インジケーターが表示するのはサブウィンドウのマトリックスだけで、メインチャートには何も表示しません。

      3.表示する時間軸は自由に設定することができます。図ではH1,H4,D1を表示していますが、H4とD1の2つを表示するように設定することも可能です。

      削除
  4. 大変分かりやすい回答ありがとうございました
    色々な便利な情報やインジケーターを提供していただき
    本当に助かっております

    返信削除
  5. いつも有効なインジをありがとうございます。
    先日購入させていただいたのですが、
    例えば、 M5,M5,M5,M5にして、異なる種類のインジを乗せるようなことは難しいでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. ご購入いただき、ありがとうございます。
      パラメーターTechConfFileで指定するファイルを変えると、設定ファイルを切り替えることができます。4種類のテクニカルを使用する場合は、それぞれfile1, file2, file3, file4というように指定してください。
      この場合、一つのサブウィンドウに複数を表示することはできないため、4つのサブウィンドウに分けて表示される形になります。

      削除
  6. お世話になります。

    購入前の質問ですが、シグナル(矢印)が出たときにデーターウインドウのインジケーター欄に何か表示が出るでしょうか。

    また、メールの内容ですが場合によっては若干変更して頂けるでしょうか。

    以上、宜しくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. ご質問ありがとうございます。
      矢印はチャート上に描いたもので、データウィンドウへの表示はありません。メールは通貨ペアや価格、方向などを通知する内容となっており、カスタマイズすることはできません。

      削除
    2. データーウィンドウへの表示はないこと、了解しました。
      送信メールの内容ですが、通貨の前に何か表示があるでしょうか?

      メール内容の例示を教えて頂ければ助かります。

      削除
    3. 以下のようなメール通知がされます。

      2017.01.30 19:11: Multi Matrix - [RSI] Signal UP(CLOSE) @USDJPY,H4,114.673

      削除
  7. 有り難うございました。m(_ _)m

    返信削除
  8. 初めまして、先日購入した者です。
    キーボードの「M」キーを押しても設定画面がでないのですが、
    何か間違っているのでしょうか。
    インジケーター自体はMT4のSWには表示されております。
    宜しくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. ご購入いただき、ありがとうございます。

      キーを押して設定画面を出す時には、チャートをクリックして、そのチャートウィンドウがアクティブになった状態である必要があります。
      (MT4のナビゲーターからクリックして起動した直後は、ナビゲーターウィンドウがアクティブな状態となっているため反応しません)

      改善しない場合には、ファイル→データフォルダを開く→FilesにあるMulti Matrix.cnfを削除したのち、他のインジケーター等を表示していない真っ新なチャートを開き、Multi Matrixをセットしてみてください。

      もし英語キーボードを使用している場合は、M以外のキーに対応しているため、適当にキーを押して探してみてください。

      削除
    2. 有難うございます。
      改善しました。

      削除
  9. はじめまして。先日、本インジケータを購入しました。設定をし、順調にデモ環境で使用していたのですが、デモ環境のIDを変えたところ、表示されなくなりました。
    操作履歴には loaded successfullyと出たあと、removed と表示されます。対応方法をご教示ください。よろしくお願いいたします

    返信削除
    返信
    1. ご購入ありがとうございます。
      IDを変えたというのは異なるデモ口座に切り替えたということでしょうか?その場合は、fx-onのダウンロード画面にあるリセットボタンを押したのちインジケーターを起動していただければ解決するかと思います。

      削除